So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

みちびき2号機・4号機 送信再開 [GNSS]

6月初旬から信号停止していたみちびき2号機(QZS-2 PRN194)と4号機(QZS-4 PRN195)が、7/31夜に送信を再開しました。58日ぶりの復活です。ただし、衛星の運用状況を示すNAQU情報(2018415)によると、通常よりも送信電力を2dBほど落とした減力放送の状態は継続しています。
我が家でも久しぶりに3機状態で受信できました。

受信モジュール NEO-M8T(u-blox)による受信
NEO-M8T_20180802.JPG
L1C/A信号3つとL1S信号3つで6個の日の丸が並んでいます。

KiwiSDRによる受信
KiwiSDR_GNSS_20180802_.jpg
こちらも3機(Q193/Q194/Q195)受信できています。確かにQ194/Q195の受信レベル(RSSI)が他の衛星と比べて低めです。
KiwiSDRについては3号機(QZS-3 PRN199)も受信できる能力がありますが、まだ現れていないですね。前述のNAQU情報によると、3号機のL1C/A信号はまだ停止したままのようです。
そういえば、とある大学の著名な先生がご自身のブログで、市販の受信機やスマホでQZS-3が受信できない理由について、正確でない見解を述べておられるのを見つけました。真実を教えてあげたくてウズウズしますが、私のようなシロウトがプロの先生に意見するなど、恐れ多くてそんなことはできましぇん…ヘタレですみません。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

ttakasu

8/3現在のQZS-3の状況ですが, 7/27にL1C/A信号 (PRN199) の送信は再開されています。ただ信号強度がノミナルより10dBは低いのと、航法データが載っていません。また他衛星航法データのAlmanacにも現れていません。以上より, F/WがPRN199-202に対応した, All-in-viewタイプの高感度受信機では信号受信できる可能性がありますが, 市販受信機はほぼ全滅だと思います。
by ttakasu (2018-08-03 17:53) 

ど

高須さん、コメントありがとうございます。
はい、「備忘録」を拝見してQZS-3の状況は理解しておりました。私の記事もちょっと正確でない表現でしたね。10dBも低いとなると、おっしゃるとおり一般の受信機ではかなり受信は苦しそうです。この後、RTL-SDRもしくはbladeRFでの受信にトライしてみようと考えています。
by (2018-08-03 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。