So-net無料ブログ作成

RTK測位するならNEO-M8T + RTKLIB [GNSS]

トラ技2018年1月号「全国で1cm測位!RTK-GPS」特集の特設サイトができてますね。
RTK測位が体験できるスターターキットも販売されてますが、早くも在庫切れになるなど、けっこう盛り上がっているようです。しかし、スタータキットが1台2万円オーバーとは、趣味でやるにはちょっとお高いですね。移動局と基準局をそろえるとなるとけっこう大変です。まあ基準局サーバを使うこと前提ならば1台でも大丈夫ですが。
なぜこんなに高いかというと、独自のRTK測位エンジンが内蔵されているu-blox社のNEO-M8Pというハイエンドな受信モジュールを使っているからです。確かにこれを使えば比較的簡単に、高精度の衛星測位が体験できますが、あまりユーザーがいじれる要素が少ないので、一度動かしてしまうとやることが無くなってしまいます。人によっては物足りなくなるでしょう。
トラ技本誌でも触れていますが、実はもっと手頃なコストの受信モジュールでもRTK測位することが可能です。有識者の間では、NEO-M8Tという受信モジュールと測位エンジンソフトRTKLIBの組み合わせが今のトレンドです。というか、むしろこちらのほうが(今のところ)性能が良くて自由度も高いので絶対におすすめです。
NEO-M8Tの評価ボードは、例えば下記の通販サイトで買えます。75ドルです。
UBLOX NEO-M8T TIME & RAW RECEIVER BOARD WITH SMA (RTK READY)

さらにさらに、オトクな情報 (1度しか言わないですよーw)
実はu-blox社の1世代・2世代前の古い受信モジュールでも、一部にRTK測位可能なものがあります。代表的なものはNEO-6Mです。メーカー非公認の裏コマンドを叩くことにより、RTK測位に必要なrawデータ(UBXフォーマット)を吐かせることができます。これをRTKLIBに食わせることでRTK測位ができてしまいます。ただし、この世代のモジュールはマルチGNSS非対応なのでGLONASSやBeidouは受信できず、米国のGPSのみの受信となります。受信できる衛星数が少ないので、性能的にはちょっと不利です。
NEO-6Mは秋葉原のaitendoや、Amazonのショップで2000円程度で入手できます。まだまだ健在ですね。
私自身はMAX-7QというモジュールとラズパイでRTK測位を楽しんでます。これはGPS以外にQZSS(みちびき)も受信できます。NEO-M8Tも近日入手予定です。
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

akio

初めまして
NEO-6Mを持っております。
【裏コマンド】色々、探したのですが、見つける事が出来ませんでした
宜しければ、お教え願えないでしょうか?
不躾なご質問ですみませんが、宜しくお願い致します。

by akio (2018-11-12 09:49) 

ど

直接にリンクを貼ることは差控えさせていただきますが、
RTKLIBの本家サイトから次々とたぐっていくと、いちおう
たどり着くことができます。かなり手数が必要で、しかもすべて英文です。
http://rtklib.com/
ヒント:support infomation ⇒ Wiki ⇒ Hardware ⇒ UbloxRAW
宝探しのようで申し訳ありませんが、がんばって探してください。
しかし、たどり着いたとしても、簡単にはいきません。
下記のスキルが必要です。
・u-blox社ソフトu-centerの使い方を理解していること
・u-blox社GNSSモジュールのプロトコル仕様をある程度把握していること
by (2018-11-12 11:35) 

akio

ありがとうございます。
それらしき物を見つける事が出来ました。
試行錯誤しながら、やって行きたいと思います。

ご丁寧にありがとうございます。
by akio (2018-11-13 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。