So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

RTL-SDRでOpenWebRX [受信機]

最近、一部の人の間で、KiwiSDRを使ったリモート受信が
盛り上がってきてますね。(ホントか?)
CQ誌の8月号にもKiwiSDRの記事が出てました。
私もSDR.huにアクセスして世界各地の受信を楽しんでます。
というわけで、気分的にはKiwiSDRをポチる寸前まで
来てるんだけどw
ちょっとその前に、ろくに使わずに部屋に転がっている
RTL-SDRドングルとラズパイ1、その他あり合わせの機材を
使ってサーバーを立ててみることにしました。
性能はいろいろ劣ることはわかっているので、あくまでも
ダメ元のお試しです。
RTL-SDR-1.jpg
・Raspberry Pi B+ (おまけでGPSボード追加中)
・RTL-SDRドングルR820T2(TCXO換装品)
・HFアップコンバータ(ローカル100MHz)
・ローノイズアンプ
・中波帯抑圧用ハイパスフィルタ(オバケ防止のため)
・USBハブ(5V電源供給用)

これらの機材を組み合わせ、SDR用Webサーバーソフト
OpenWebRXをダウンロードしてセットアップします。
ソフトのコンパイルとインストールはすんなり終わったけども
さてここからが苦難の道。ソフトのページには「シングルコアの
ラズパイ1じゃCPUショボくて動かないよー」と書いてあり、
こりゃダメかな、と思いましたが、パラメータをチューニングして
大幅なスペックダウンと制約付きではあるものの、なんとか
動かせるようになりました。
・帯域は300kHzまで (本当は3MHzまでいけるはず)
・最大接続数は2 (実質的には1でしょう…)
この状態ですでにCPU負荷70%で、ここがホントにギリギリの線。
こんな感じですが、無謀にも下記URLで公開してみます。

http://gnss.0am.jp:8073/

周波数は22メーターバンド(13570~13870kHz)
アンテナは基本的にΔLOOP-X同調モードにしておきますが
他と共用なので他のアンテナ(OPA-01)に切り替わってる場合があります。
また、隣の部屋で古いエアコンが動き出すと、大幅に受信状態が
悪化しますのでご承知おきください。あくまでもお遊びということで…
OpenWebRX画面-1.jpg
なんかもう、数日後には上記URLのサーバーはKiwiSDRに変わってる
ような気がしないでもないw

(追記 2017.7.31)
いま確認してみたら、外部からは接続できなくなっているようです。
当初は大丈夫だったのですが、原因を調べて仕切り直します…
(追記 2017.8.1)
原因不明ですが、サーバ(ラズパイ)再起動で復旧しました。
これでインターネットからもアクセス可能なはず。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

s nakamura

こんにちは
参考にさせて貰ってます。
by s nakamura (2018-02-15 08:06) 

ど

あ、これはどうもありがとうございます。
いま上記のURLはKiwiSDRサーバーに移行しました。
RTL-SDRのほうはポート8074番のほうで時々公開しています。(いまは停止中)
by (2018-02-15 21:38) 

お名前(必須)

画面右下の機能のメニューはconfig_webrx.pyで設定できるのでしょうか?
私がゲットしたものは、バンドなどの操作ができない、簡単な操作しかできないものでした。タブンCPUの負荷を考慮し制限したのだと思います。

by お名前(必須) (2018-04-03 07:09) 

ど

ご覧いただきありがとうございます。
OpenWebRXのほうは、ここしばらく触っていなかったので、もうだいぶ忘れてしまっております…
画面メニューの構成はほぼ決め打ちで、config_webrx.pyでの設定は確かできないと思います。もしいじるのであれば本体スクリプトのほう(openwebrx.py)に手を入れる必要があります。私は本体のほうはいじった記憶がありません。pythonスクリプトを書くスキルはないので。答えになっていなくてすみません。いずれ、OpenWebRXサーバーはRSP1を使って再開する予定です。
by (2018-04-03 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0