So-net無料ブログ作成

ΔLOOP-X作成中…しかし [アンテナ]

前記事で、最近使っているOPA-01とBCL-LOOPのことを書きましたが
それ以前には影山OM様ご設計の「ΔLOOP10」を長いこと使ってました。
これも静粛でバランスの取れた良いアンテナですね。自分の中では
デファクトスタンダードです。ただ、八方美人な非同調タイプなので、
厳しいところを攻めるDXとなると、少し物足りなさを感じます。
そこで、同調タイプのΔLOOP7と組み合わせた「ΔLOOP-X」を
作ることをちょっと前に思い立ちました。
そして、ラッキーなことにpup様ご設計のΔLOOP-Xアダプター基板を
分けていただくことができたので、製作開始、そして無事完成。
期待しながらヌル調整・動作確認を始めたのですが、どうも調子が
良くありません。
・ヌル点がはっきり取れない
・ΔLOOP7側の同調周波数上限が低い(12MHzくらい)
・ΔLOOP9側のノイズフロアが高い
どうもゲインが高すぎて発振でもしてるのかな?と思い、ゲインを
半分落としてみましたが、フロアが高い現象は変わらず。
アダプタ基板に付いてる中波トラップを無効しても変化なし。
ここでいったんギブアップ。その後、差動アンプのバイアス電圧の
バランスが左右でずれているのを見つけたので、トランジスタのhfeの
ばらつきが大きいのかもしれません。
ちょっと時間が取れなくてペンディング中ですが、使いたい本命の
アンテナなので、回路図と基板をにらめっこしながらなんとか
問題解決したいと思います。
でも、今のところはOPA-01に浮気中、ということでw
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

とんぼ

管理人様 初めまして。
当方も再開組の一人です。私もPupさんにはお世話になり、これまで
いろいろ基板を分けていただきました。
・ΔLOOP7側の同調周波数上限が低いということでしたが、たぶん
エレメントではないでしょうか。ビニール線を使用した際は伸びず、
アルミパイプに変更したところそれなりに伸びました。アルミは潰すのが厄介でしたが。
ヌルについては中波局では如何ですか。当方は短波局では難しいようです。

by とんぼ (2017-06-18 07:05) 

ど

コメントありがとうございます。
影山さんBBSでいつも拝見しております。
そうですね、エレメントのアルミ化も実は考えている
ところでした。理論的にはインダクタンスを下げる
のがキモのようですから、有効な手かと思います。
最寄りのホームセンターではうまく材料が手に
入らなくてストップしていたのですが、ちょっと
足を伸ばして実行してみたいと思います。
ヌル点については了解です。中波局でやってみます。
アドバイス、どうもありがとうございます。
by (2017-06-18 12:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0